40代化粧品で変身【うるうるお肌マジック】

美容

綺麗になる化粧品

たるみ肌に効果のある化粧品から美容医療まで

女性

人は年をとるとお肌の筋肉がたるんできます。これがたるみであり、自然の原理です。しかし女性はいつまでもキレイでいたいもので、どうしても自然の流れに逆らいたいものなのです。 今も昔も筋肉を運動させたり、リンパの流れを良くしたりしてたるみを解消させる方法は変わらないのですが、化粧品で今と昔に変化が出てきたように思われます。 昔からリフトアップ美容液など、化粧品に力を入れてきました。化粧品なら浸透型のコラーゲンやヒアルロン酸がよく売られていますが、今ではさらにプラセンタの配合にも力を入れた化粧品がよく売られています。 今のたるみの最新事情は、エステだけではなく美容医療だといえます。ヒアルロン酸やプラセンタの皮下注射がそれです。皮下注射をすることにより、すぐにたるみに効果が出てきます。 もちろん今はまだ大変高価な美容医療ですが、さらなる効果が期待されています。

たるみを防ぐ化粧品

化粧品に配合されている成分は多数存在しますが、たるみにはリン酸アスビルコル、レチノールが入っている化粧品がおすすめです。 リン酸アスビルコルはビタミンC誘導体として知られており、マグネシウムが最高で濃度を上げるのには技術が必要で美容液として利用されています。次に強力なのがナトリウムで化粧水などに利用されています。他の二つに比べると効果は弱めですが、テトラヘキシルデカン酸アスビルコルはしっとりしていて油に溶けやすいのでクリームとして利用されています。濃度が高いほど効果があるというわけでもなく、自分の肌質にあった使い心地のよいものを選ぶことが大切です。 レチノールはビタミンAで肌に吸収されるとトレチノインとなり、古くなった肌細胞を排出してキメやハリをもたらし、肌をなめらかにしてくれます。バルミチン酸レチノールは効力が弱いので注意が必要です。製品化が難しく高価な化粧品に利用されています。 しわやたるみには浸透力を高めるために手のひらで化粧品を温めて押さえて使うのが肌の再生力を高めてくれるのでたるみを防止してくれます。真皮で発生する活性酸素もしっかり除去してくれるためたるみ防止に効果的です。